吉備路は岡山市の北西部から総社市かけての一帯の総称です。

畑の中に佇む備中国分寺の五重塔が吉備路のシンボル的な存在です。
その周辺が吉備路の中心地区となっているようです。
この付近はかつて古代吉備王国時代の中心地だったと考えられていて
そのため吉備路沿いには史跡が多く、桃太郎伝説にまつわるものも多いようです。
名だたる観光エリアが多くあります。

今回はその吉備路にある紅葉の名所を訪ねてみました。

11月28日すで紅葉はピークは過ぎていましたが、印象深い吉備路でした。





井山宝福寺です。

画聖・雪舟が涙でねずみの絵を描いたとの言い伝えがある有名な禅寺。
清々しい自然に囲まれながらの、真っ赤に色づく紅葉が見事でした。







豪峡です。
(下の写真クリックで大きな表示でご覧いただけます。

国指定の景勝地です。(大正12年国の指定を受けています。)
槙谷川の上流にあって、そびえ立つ330mの天柱山・剣峰など
数知れない奇岩絶壁がそびえたち、数々の岩石美と
清流と紅葉の調和した渓谷が雄大な自然美を育んでいる景勝の地。
 岡山県を代表する名勝地です。







近水園(おすいえん)

岡山県の三大庭園のひとつです。
江戸初期の佇まいを残す、旧足守藩主・木下家の庭園です。
小堀遠州流と伝えられる池泉回遊式庭園として知られています。
紅葉は見事、真っ赤なモミジとイチョウやカエデが印象的でした。






 
宇甘峡です

ここが宇甘渓谷です。
赤く染まったモミジをアップで〜〜〜
渓谷に映えるモミジ・渓流は綺麗です
風に吹かれたモミジの葉・さびしい感じ
シンボルの赤橋です。
モミジ・周りの緑の木々とのコラボが見事でした。
赤橋から駐車場方面の景色です。
渓流の流れが印象的でアップしました。

吉備清流県立自然公園を代表する景勝地
激流が岩を削りそそり立つ絶壁の、岩肌を削るように
ケヤキやイロハモミジが美しい紅葉を見せてくれました。








ご覧いただき有難うございました。


             


inserted by FC2 system